遠近両用なら、おまかせください

最新の両面複合累進設計も取り扱っております

  •  

    遠近両用を使ったら、
    「 メガネをかけているが、老眼鏡と掛ける替える必要がなくなったので便利になった」
    「会議でホワイトボードと、手元の書類がはっきり見えて集中できる」

    というお声もありますが、

    「足元がぼやけて、ぐらぐらして怖い」
    「慣れるまで、時間がかかって大変」

    というお声もあります。



    遠近両用は万能ではありませんが、遠くと近くがスムーズに見えるのは便利ですよね。

  •  

    40歳前後から、こんな経験はありませんか?

    ・携帯電話を見たとき、文字が見えにくい
    ・買い物に行った時、値段や商品説明が見えにくい
    ・銀行や市役所などで、書類が見えにくい
    ・近視の方は、メガネを外した方が手元が見やすい
    ・手元を見る時、見えにくいので本や新聞を離して見る

    このような経験がある方は、遠近両用を早めに装用していただければ、違和感が少なくスムーズに掛けていただくとこができます。

    早期に装用していただくと、レンズの上部(遠用部)から下部(近用部)までの度数の差が少なく、「ぼやけ」「揺れ」「歪み」も少なくなり慣れやすくなります。

    しかし、装用が遅くなるにつれて下部(近用部)に入る度数が強くなるので、上部(遠用部)との度数の差が多くなります。
    そうすると、「ぼやけ」「揺れ」「歪み」が大きくなり「慣れづらい」「使いづいら」といった方が増えてしまいます。

     
    加入度とは、遠くを見る度数と近くを見やすくする度数の差で、年齢が増すごとに加入度が増えます。

  •  

    ・使う目的、状況を色々相談してください
    遠近両用は、遠くも近くも見える便利なメガネですが、場合によっては遠近でない方が快適な見え方のときもあります。
    お客様のお使いになる目的(お仕事、趣味など)や、状況(運転をする、移動が多い、ディスクワーク中心など)を相談しながら最適なレンズを選ぶことが大切です。

    ・しっかりとした検査とテストレンズで確認
    視力の検査は眼科医でも問題ありませんが、遠近両用のテストレンズが限られていると思います。
    お店では、検査技術も眼科医の指導のもと日々技術向上に努めており自信があります。
    またHOYAを中心にさまざまなテストレンズをご用意しており、レンズの設計の違いを体験していただき、最適なレンズをご提案できます。


    ・めがねを掛けた時のフィッティング
    度数が合っていても、メガネを掛けた時の目の位置や、目とレンズの距離、メガネの傾斜、などのがずれていては、遠近両用はきちっと見えません。
    遠近は少しでも掛け具合がずれたりすると、とても見づらくなってまうメガネですのでフィッティングが重要になってきます。



    もし、メガネが「ゆるくて下がってくる」「ぶつけて曲がってしまった」「掛けると斜めになっている」などありましたら、再調整させていただきます。

  •  

    遠近両用レンズに求められる条件
    ・遠近の視線移動が楽なこと
    ・横方向の視野が広いこと
    ・ゆれ、歪みが少ないこと

    これらの条件を向上した、最新の両面複合累進設計

     

    当店では、最新の両面複合累進設計BOOMをお使いのお客様に、大変ご満足いただいてております。


    初めて遠近をお使いになる方や、今までも遠近をお使いで買い替えを考えている方には、ぜひBOOMをおすすめいたします。